人気ブログランキング |

ショックアブソーバーをKONI FSDから標準品に戻してみた。

大枚はたいたにもかかわらず宣伝文句どおりの効果は得られず、乗り心地に関して大いに不満。

ここはひとつ、リセットして標準品に戻してみて純正の感触を再確認してみることに。

久々の標準ショックアブソーバー(テネコ製)は、何とも「しなやか」。
いつもの路面舗装が平滑になったかのようなスムースさ。
ショックアブソーバーが細かな凸凹を舐めるように追随しているのだろう。
「いい仕事してますねぇ~」って感じである。

「しなやか」さに欠けると感じたKONI FSDではあるが、走行を重ねるうちに、初期フリクションが軽減したせいか、それなりにスムースさが増したような気がして、「まあ、これなら許せるか」とも感じ始めていた。
実際にスムースさを増したかもしれないけれど、実は「慣れ」によるものも少なくないかもしれない。
慣れとは恐ろしいもの。
加えて、人間の感覚などアテにならぬものと再認識させられたシダイ。

その後、koni FSDはメーカーに事情説明したら引き取っていただくことができました。
往復の工賃等、高い授業料を払うこととなりましたが、止むを得ません。
b0175301_10534599.jpg

→koni FSD(1)
→koni FSD(2)
by m-kanzawa | 2009-05-31 10:54 | くるま-フォードC-MAX | Comments(1)

C-MAXのショックアブソーバーをKONI FSDに交換したことは以前記載した。
交換後2,000キロが経過したので、簡単にその印象など。

結果を先に述べるが、「良くない」。
本来なら、交換後すぐにでも感動のレポートを掲載したかったのだけど、具合が良くないので初期フリクションもあろうかと思い、少し様子を見ていた。

何が良くないかと言うと、FSDの売りである「乗り心地」が明らかに標準品より劣る。
乗り心地の好みは人それぞれだと思われるかもしれないけれど、その「質」が低下するのが残念。一言で言えば「しなやか」さに欠けるのだ。

(1)具体的には、今までフラットだと感じていた幹線道路で、常に小刻みな振動を感じること。

(2)伸び側の初期作動が抜けたショックのように低質で剛性感に欠けること。
また、減衰力自動調整機能のせいか、ストロークの途中から急に減衰力が立ち上がる感じで妙にツッパリ感がある。
スポーツショックのように硬い訳でもないし、かといって柔らかい訳でもない。
何だか妙な感触の反発感のある揺れが気になるのだ。

WebでFSD購入者の印象を収集したところ、概ね絶賛されているものの、一部に私と同様に感じた方もあったようだ。(プジョー207の方、マツダプレマシーの方等、「みんカラ」パーツレビューで発見。)
どうやらFSDはスポーツグレード(BMWのM-Sports等)のように標準状態が明確に硬いモデルには効果的だけど、元々乗り心地の悪くない標準グレードのモデルでは乗り心地面のメリットが享受できない場合があるようだ。

そんな訳で、ここは潔く一度標準ショックアブソーバーに戻すことにした。
迷った時はいったん標準に戻す。これが基本でしょうか?面倒だけど...
b0175301_2125049.jpg
Canon IXY 2000is
b0175301_213210.jpg
PENTAX K100D + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
by m-kanzawa | 2009-05-24 21:04 | くるま-フォードC-MAX | Comments(2)

足車

ウチの足車、Ford C-MAX といいます。
我が家に来て1年が経過。
聞いたことないでしょ、見たことないでしょ。
私も自分の以外は1回しか見たことありません。
買う前に試乗車を探すのに大変苦労しました。

欧州フォードのフォーカスの全高を90mm高くしたモデル。
VWゴルフに対するゴルフプラスのような位置関係でしょうか。
全長は4.3mとコンパクトながら、全幅は1.8m超。
2列シートですが、後ろは独立3座あります。

足回りがとても「しなやか」にストロークするのが気に入っています。
前に乗っていたXantiaほどではないけれど、最近のルノーやプジョーよりは、かつての仏車テイストな足ではないかと思います。
でもシートはバシッとレカロタッチな硬さで生地も硬めの素材なのが少々残念。
椅子は完全に独車かな。

ともかく、乗りやすくって、侮れないハンドリングの持ち主。
でも日本では売れなかったんですよねぇ。
日本はコンパクトでも3列シートが重宝される国。
妙に幅広で5人しか乗れない、しかも華の無いC-MAXはどう考えても日本では無理そう。
VWをもってしてもゴルフプラスは売れませんでしたもん。

本当はシトロエンC4ピカソやルノーセニックのショート版2列シートが欲しかったけれど、日本にはロング版3列シートしか導入されなかったので、泣く泣く諦めた経緯あり。
ある意味、シトロエンとルノーは日本の市場調査が正しく機能した結果。
欧州フォードは3列版S-MAXという駒を持ちながら、どうして2列版のC-MAXを導入したのかは何とも不可解。
でも、フォードジャパンのその意気込みをかって買わせていただきました。
すでに欧州フォード自体が日本市場から撤退してしまいましたが...
b0175301_21301739.jpg
PENTAX K100D + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC
by m-kanzawa | 2009-05-12 21:34 | くるま-フォードC-MAX | Comments(0)