人気ブログランキング |

広島の日帰り旅行、「大和ミュージアム」「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」「海上上自衛隊呉地方隊の艦艇一般公開」に続き、最後に太平洋戦争末期に建造されたコンクリート船の遺構に向かう。

コンクリート船は太平洋戦争末期の昭和19年に鋼材不足を補うため、兵庫県高砂市の造船所で建造され、終戦時まで軍事物資の輸送にあたったそうです。終戦後の昭和24(1949)年、地元漁業者の要望により現在の安浦漁港に防波堤として設置され現在に至っています。コンクリート船の遺構はいくつか残っていますが、安浦漁港のものが最も原形を留めているのではないかと思います。
b0175301_21132422.jpg
出かける前にGoogle Mapで場所を確認し衛星写真を表示してみると、ハッキリと船の形がわかります。左側が第二武智丸、右側が第一武智丸。
b0175301_21205609.jpg
国道185号線から2艘の武智丸を見る。左側が第一武智丸。右側が第二武智丸。2艘がお尻合わせで設置されている。
b0175301_21210949.jpg
第二武智丸。確かに船の形をしているのが分かる。全長64.5m。
b0175301_21212022.jpg
船側には「水の守り神武智丸」のプレートが。
b0175301_21212925.jpg
更に近づいてみる。船であることがハッキリわかります。
b0175301_21214363.jpg
陸側の防波堤と船首が接続した部分。先端部は鉄板で補強してあるのがわかる。
b0175301_21215479.jpg
まず陸に近い第一武智丸に。追加設置された歩道から船尾を見る。
b0175301_21220458.jpg
更に進むと船尾の機関室への扉跡が2ヶ所。
b0175301_21223762.jpg
第二武智丸の船尾から船首方向を見る。
b0175301_21224664.jpg
一カ所だけ渡された木材が残っていた。この一か所を除いて鉄製ブラケットも無くなっている。
b0175301_21230475.jpg
内部はこんな感じ。すべてコンクリート製だ。
b0175301_21225597.jpg
b0175301_21232333.jpg
船舶らしい丸窓の跡。
b0175301_21231561.jpg
内部には海水が溜まっている。
b0175301_21233344.jpg
コンクリート製の梁の一部が剥げ落ちて中の鉄骨が露出している。
b0175301_21234213.jpg
こちらは第二武智丸の船首内部。漁師さんの道具置き場になっている。
b0175301_21235982.jpg
第二武智丸は実際にコンクリート製の甲板を歩ける。ここにも漁の道具類、帆立貝の貝殻の保管場所に。
b0175301_21235131.jpg
第二武智丸の船首から船尾側を見る。右側の穴はアンカー用か。必要最低限に鉄の補強が施される。
b0175301_21241412.jpg
コンクリート船「武智丸」についての説明板。(写真クリックで少し拡大表示)
コンクリート船の詳細については安浦町のサイトに詳しく、貴重な図面や建造中の写真も掲載されており大変興味深い。
同サイトによると、コンクリート船は水漏れの問題もなく、重量の関係で吃水も上がらず乗り心地が良かったそうだ。しかも鋼船に比べて丈夫であったらしい。コンクリート船が水に浮くこと自体が信じられなかったのだけど、ちゃんと航行し活躍していたというのだから驚きだ。安浦町のサイトには貴重な航行中の「武智丸」写真も掲載されているので是非確認してみてください。



by m-kanzawa | 2015-03-29 22:12 | おでかけ | Comments(0)

広島の日帰り旅行、「大和ミュージアム」「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」に引き続き海上自衛隊呉地方隊の艦艇一般公開に向かう。
毎週日曜日に、実際に任務に当たっている艦艇に乗船して間近に見学できるのだ。
見学できる艦艇は日替わりで、この日は練習船「かしま」TV-3508。
b0175301_22093410.jpg
海上自衛隊の入口で身分証明を提示してから車を駐車し受付場所まで歩いて移動する。その途中に見えた潜水艦。
b0175301_22092617.jpg
受付場所からは更に近くに停泊する潜水艦が!
b0175301_22100800.jpg
受付場所近くの突堤に停泊するヘリコプター搭載護衛艦「いせ」DDH-182。多数のヘリコプターが発着できる。空母のようだけれど飛行機の発着は無理らしい。
b0175301_22103234.jpg
簡単な説明を受けた後、練習船「かしま」TV-3508が停泊する突堤に移動する。左手が今日見学させてもらう「かしま」。右側に2艘停泊するのは掃海艇。
b0175301_22105623.jpg
近くで見上げると、その大きさを実感させられる。
b0175301_22115847.jpg
乗船!船首部から海上自衛隊工作部の建屋を望む。
b0175301_22114861.jpg
76mm単装速射砲。
b0175301_22121573.jpg
対岸に停泊する護衛艦「いせ」を撮影する小さな母と大きな息子。
b0175301_22123545.jpg
各種レーダーを備えたタワー部。
b0175301_22124617.jpg
三連装魚雷発射管。
b0175301_22125630.jpg
豪華なサロン。
b0175301_22130679.jpg
200名収容の講堂。
b0175301_22133898.jpg
練習船「かしま」の近くに停泊していた輸送艦「くにさき」LST-4003。
いろいろな鑑定を間近に見学できる、とても貴重な機会でした。

by m-kanzawa | 2015-03-27 22:44 | おでかけ | Comments(0)

日帰りの広島旅行、「大和ミュージアム」の後におむかえににある海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)に行った。退役した本物の大型潜水艦「あきしお」が据え付けられた様は大和ミュージアムより数段人目を引く。
b0175301_21483831.jpg
潜水艦「あきしお」は全長76m!、平成16年まで現役で活躍し、平成18年にこの場所に据え付けられたらしい。
b0175301_21485689.jpg
館内は海上自衛隊の活動である機雷の爽快活動を紹介するエリアと、潜水艦を紹介するエリアに分かれる。
b0175301_21494385.jpg
潜水艦の寝室を再現。3段ベッドの間隔はとても狭い。
b0175301_21492714.jpg
潜望鏡は「Nikon」製だった。
b0175301_21503256.jpg
そして本物の潜水艦「あきしお」の内部に。以下、潜水艦「あきしお」の内部写真です。
b0175301_21505820.jpg
シャワールーム。
b0175301_21515114.jpg
調理場。
b0175301_21520100.jpg
調理場の隣のテーブルスペース。
b0175301_21512332.jpg
館長には唯一個室が与えられるそうだ。とても狭いけど、一般隊員の3段ベットとは雲泥の差だ。
b0175301_21522458.jpg
計器盤。
b0175301_21523996.jpg
操舵シート。
なかなか立派な施設で展示物も見応えがある。ところどころに説明員の方も配置されているのが親切。しかも入館無料。素晴らしい!

by m-kanzawa | 2015-03-27 21:40 | おでかけ | Comments(0)

大和ミュージアム(3)

先日から掲載している大和ミュージアムの最終回。
1/10スケールの戦艦「大和」実物モデル展示に引き続き、今回は模型展示をご紹介します。
b0175301_23114008.jpg
1/100スケール。この戦艦、名前を撮り忘れました...
b0175301_23114968.jpg
同じく1/100スケールの戦艦「長門」。
b0175301_23115676.jpg
戦艦大和の主砲部の模型。
b0175301_23124936.jpg
飛行機模型も。
b0175301_23120677.jpg
戦艦「大和」に積載されているモデル。
b0175301_23590459.jpg
ラピュタに出てきそうな飛行艇。
b0175301_23552631.jpg
ミュージアム南側の親水スペースでラジコンを楽しむグループが。
b0175301_23553767.jpg
このラジコンが、随分と精緻に作りこまれており、主砲回転ギミックも備えていました。素晴らしい!

→「大和ミュージアム(1)」
→「大和ミュージアム(2)」

by m-kanzawa | 2015-03-26 20:19 | おでかけ | Comments(0)

大和ミュージアム(2)

b0175301_23104084.jpg
1/10スケール戦艦「大和」の隣の展示室には零型艦上戦闘機六二型、特殊潜航艇「海龍」等の実物展示。
b0175301_23102661.jpg
b0175301_23093829.jpg
b0175301_23100605.jpg
b0175301_23101868.jpg
本物の臨場感。
b0175301_23105583.jpg
b0175301_23110622.jpg
実物の横には零戦のスケルトン模型が展示される。
b0175301_23112355.jpg
特攻兵器、人間魚雷「回天」十型の試作機。多くの若者がこの兵器で散った。

→「大和ミュージアム(1)」
→「大和ミュージアム(3)」

by m-kanzawa | 2015-03-25 23:37 | おでかけ | Comments(0)

大和ミュージアム(1)

昨日、嫁と息子と三人で広島に日帰り旅行に出かける。
新幹線で広島駅に降り立ち、レンタカーで最初に向かった先は「大和ミュージアム」
b0175301_23243238.jpg
今年で10周年を迎えた「大和ミュージアム」の裏側(海側)。
b0175301_23244252.jpg
まずはミュージアム最大の目玉である1/10スケール戦艦「大和」。
この大迫力、素晴らしいクオリティが写真でお伝えできるかどうか...。
b0175301_23244971.jpg
b0175301_23251235.jpg
b0175301_23252421.jpg
b0175301_23254130.jpg
b0175301_23255860.jpg
b0175301_23253215.jpg
→「大和ミュージアム(2)」
→「大和ミュージアム(3)」
by m-kanzawa | 2015-03-23 23:31 | おでかけ | Comments(0)

暖かい午後のひととき

今日は暖かかったので花の写真を撮ったり庭の草むしりをしたりAlfa75を走らせたり。フォルテもしっかり外で過ごしました。
b0175301_21371758.jpg
b0175301_21372423.jpg
日陰で昼寝していたら、リードがタイヤに挟まって動けなくなりました...

by m-kanzawa | 2015-03-21 21:38 | チワワ | Comments(0)

職場の先輩が定年退職を迎えたので、何か記念品を贈ろうと考え竹製フォトフレームを注文した。
実は息子の部活の顧問も定年退職だそうで、先生への記念品を選定する息子に便乗して商品を物色したのだ。
竹製フォトフレームにはレーザー彫刻で文字入れできるので、メッセージや名前、会社名や記念日等を入れてもらった。
そしてフレームにはオフィスからの眺望を撮影して入れてみた。
送別会で渡したのだけど、とても喜んでくれました。先輩、お世話になりました。
b0175301_23192804.jpg

by m-kanzawa | 2015-03-20 23:21 | その他 | Comments(0)

加古川の文具店「ステフォレ」に寄った帰りに加古川駅近くの大福専科「三河屋はなれ」で豆大福を買って帰った。
b0175301_21543219.jpg
豆大福(漉し餡)。滑らかな杵つき餅は柔らかく、黒豆入りの漉し餡も上品な甘さで絶品だ。
b0175301_21544972.jpg
JR加古川駅南西に位置する小さなお店です。「鯛焼工房やきやきや」のお隣です。
b0175301_21545872.jpg
夕方に行ったので、品切れの商品もありました。次はキンツハをいただこう。大福も季節ごとに限定商品があるようで楽しみだ。
b0175301_21551373.jpg
店内のお洒落なディスプレイ。

「三河屋はなれ」
  加古川市加古川町篠原町57-1
  079-427-2255
  火曜定休日
  10:00~17:00

by m-kanzawa | 2015-03-16 22:22 | Comments(0)

兵庫県加古川市の文具屋ステフォレでパンケーキをいただいた。ステフォレは店内の一角にカフェを併設しているのだ。
b0175301_22260486.jpg
私と娘はスモークサーモンとクリームチーズのパンケーキ。料理が出てくるまで少し時間がかかったけれど、スモークサーモンたっぷりでなかなか美味しかった。
b0175301_22261324.jpg
女房はアボカドとツナのあつあつチーズソースパンケーキ。
b0175301_22271912.jpg
この他にもスイーツ系も取り揃えていました。
b0175301_22262260.jpg
店内は高級な文具から普通の文具まで取りそろえる。観ていて飽きない。
b0175301_22263185.jpg
b0175301_22272842.jpg


by m-kanzawa | 2015-03-15 20:46 | 美味 | Comments(0)