人気ブログランキング |

神戸マラソン2014

女房が神戸マラソンに挑戦した。
人気の神戸マラソンに運良く初出場枠で当選。
マラソン経験の無い女房は、当選後に慌てて練習をスタート。
無事に完走して帰ってきました。
b0175301_21404791.jpg
完走の記念メダル。ポートタワーがデザインされています。
b0175301_21405708.jpg
タイムは5時間30分29(ネットタイム)。
ゼッケンの裏に装着されたセンサーでポイント通過タイム等がWebでリアルタイムに表示される便利な仕組み。
スタート後は途中で配られたバナナとパンを食べる時以外は歩かずに走り続けたそうです。
申し込み時の自己申告タイムを7時間と記入したものだから、出走順が最後尾のH枠。
スタートの合図からスタートラインを通過するまでに15分以上かかったようです。
後半は歩いている若い男子をパスするのが楽しかったそうです。

by m-kanzawa | 2014-11-24 21:57 | その他 | Comments(0)

シトロエンC5ツアラーのホイールボルトにはキャップが付いている。
昨年末の車検に出した際に、ディーラーで付け忘れたものを引き取ってきたものの装着しないまま1年近く経過してしまった。
本日、久々に洗車したついでにホイールボルトキャップを装着してみた。
b0175301_22325235.jpg
プラスチック製のホイールボルトキャップ。
b0175301_22330065.jpg
装着はホイールボルトに被せて押し込むだけ。
取り外しは専用の付属工具で引き抜く。
b0175301_22331027.jpg
ホイールボルトキャップ装着前。
b0175301_22333422.jpg
ホイールボルト装着後。
ところで、このボルトキャップは何のために装着されているのでしょうね?
飾り?
飾りだったら、最初っからメッキのボルトを装着すればいい。
これは想像だけれど、アルミホイールの盗難防止のため!?
装着されたホイールボルトキャップは専用工具がないと簡単には取れないし、キャップが装着された状態だとレンチが入らないのだ。
さて、その真偽はいかに。

by m-kanzawa | 2014-11-22 22:45 | くるま-シトロエンC5ツアラー | Comments(0)

徳大寺有恒氏を偲ぶ

自動車評論家の徳大寺有恒氏が亡くなったことをWebCGのニュースで知った。
徳大寺氏といえば1976年に「間違いだらけの車選び」で一世を風靡したことで知られるが、当時私も父親が買ってきた同書を読んだことが記憶に残っている。大好きだった初代ホンダシビックが酷評されていたのが懐かしい。

同氏はシトロエンを好まれたことで特に親近感を覚えたのだけれど、自らXantia V-SXをマイカーとして購入され、雑誌等でも絶賛されていたのを、同型車オーナーとして嬉しく拝見させていただきました。
b0175301_11102228.jpg
私も同氏の著書は何冊か持っていると思っていたけれど、書棚を探すと「クルマの掟」1冊しか見つからない。
雑誌「NAVI」やWebCGに掲載された松本英雄氏との対話型の記事は好んで拝読していました。

ご冥福をお祈りいたします。

by m-kanzawa | 2014-11-09 11:19 | くるま-シトロエンC5ツアラー | Comments(0)