人気ブログランキング |

アンティークレンガで階段を製作(1)

既存土地と購入した隣地の境界に段差があるので階段を作ることにした。
既存土地部はスロープ状になっており、スロープから平面への階段の設計に頭を悩ませる。
b0175301_22522969.jpg
まずは解体した境界のブロック塀の上にレンガを乗せるための基礎を作る。
ブロック塀残骸の手前にはにブロックを置くための溝を掘る。
青い点線は、ブロックの上辺の位置をマスキングテープで示したもの。
b0175301_22525620.jpg
掘った溝に砕石を敷いて転圧の後、基礎モルタルを入れてブロックを設置。
上辺は青い点線の位置に納める。
b0175301_22530628.jpg
既存土地スロープとレンガの厚み分の足場を作るため、厚みのある場所はセメントレンガを、厚みの少ない場所は板を当ててモルタルで足場を製作する。
b0175301_22531841.jpg
追加したブロックの上に階段上段の蹴込み部になるレンガを設置。
このレンガの上辺が後方の足場と同じ高さになる。
b0175301_22535008.jpg
階段の上段のレンガはスロープ状の既存土地と面一になるように設置。
b0175301_22540257.jpg
階段下段のブロックを設置するために地面を削った後、砕石を敷いて転圧し基礎コンクリートを打つ。
b0175301_22581680.jpg
1段目は踏代を広くし斜めに設置することにした。
b0175301_22585582.jpg
上から見るとこんな感じ。

→アンティークレンガで階段を製作(2)につづく

by m-kanzawa | 2014-05-06 21:24 | DIY | Comments(0)