人気ブログランキング |

庭の水はけ対策(1)雨水枡の設置~透水管の埋設

昨年、隣地を購入し半分は土間打ちして駐車スペースに、残り半分を植栽スペースにしようと考えている。しかしながら、もともと赤土交じりで水はけ良好とは言えない地質で、通常の降雨程度は問題ないものの、昨年の記録的な豪雨の際に水が溜まってしまうことが判明。土地の四方がコンクリートで囲われており抜け道がないのが理由のひとつだ。
これでは植栽も根腐れしてしまう恐れがあるので、雨水対策を検討。
その結果、新たに雨水枡を設置し、既存の雨水管まで新たな雨水管を追加設置して排水することにした。
b0175301_22484325.jpg

鉄筋の入った土間の切断を伴う重作業部分はプロにお願いすることにした。(図面赤枠部)土間の中には電源ケーブル、ガス管も通っており、デリケートさも要求される作業で素人には少々荷が重い。
b0175301_22520609.jpg
さすがにプロの仕事は素早く的確だ。一気にコンクリート土間を切断し掘削が進む。
b0175301_22521777.jpg
大型の雨水枡を設置し、パイプを接続する。
パイプの上を通っているのが手前から電源ケーブル(黄色5、白1)、奥がガス管。
b0175301_22524914.jpg
既存の雨水管に接続。
b0175301_22533346.jpg
埋戻しまで1日で完了。プロの作業はここまで。
このスペースにレンガを敷くべく、レンガ2枚分+目地分の幅で土間を切断してもらったのだ。
b0175301_22551474.jpg
後日、DIYでレンガ敷き施工。
味気ないコンクリート土間にレンガのアクセントが出来て良かったかも。
後は、地面に溝を掘って透水管の埋設、擁壁の排水口からの水を敷地外に排出するための塩ビ管の埋設をDIY施工する予定。

庭の水はけ対策(2)透水管の埋設

by m-kanzawa | 2014-02-24 23:23 | DIY | Comments(0)